株式会社ムーミン物語 採用サイト

メッツァについて

採用情報 > メッツァについて

こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所を提供

飯能市中心から約3km、自然豊かな湖のほとりに、メッツァビレッジという北欧スタイルの体験ゾーンを2018年秋(予定)に開業し、2019年春(予定)には、ムーミンバレーパークという「ムーミンの物語」を主題としたゾーンのグランドオープンを予定しています。この2つのゾーンから構成されるメッツァは、「行って、乗って、遊ぶ」という従来のテーマパーク事業とは異なり、宮沢湖畔の豊かな自然と一体となった場で、“体験”による“発見”や“気づき”を提供し、日々の生活を少し良質にしていただける場所を目指します。

大事なのは、単なるキャラクターのテーマパークや遊園地といったアミューズメント施設ではないということです。一時のエンタテインメントではなく、たとえば自然の中でゆったりと過ごして日常の忙しさを忘れてみたり、作者のトーベ・ヤンソンがムーミンの物語に込めた哲学的なメッセージから生活を豊かに感じられるエッセンスを得てみたりなどして、毎週のように通いたくなる場所をめざしています。

 

ムーミンの物語から得られる人生観や世界観に触れていただきたい

たとえば物語のひとつとして、ムーミンはいたずら心から思わぬ冒険やトラブルに巻き込まれたりしますが、仲間と協力し、助けられたりしながら最後はムーミン谷にある我が家に帰り、パパやママに温かく迎え入れられます。ムーミンの物語からは人生への学びや気づきが多く得られることでしょう。

その意味で、子どもたちだけでなく、親世代の大人たちにもたいへん有意義な場所となるはずです。メッツァでは大人から子どもまでが良質な時間を過ごせる体験やコンテンツを永続的に提供していきます。

 

飯能市と共に新たな地方創生のあり方を創造

もう一つ大切なのは、メッツァはエリア内に限ったものではなく、メッツァのある宮沢湖は地域の重要な観光資源であるとともに、地元のみなさまにウォーキングやサイクリング、釣りなどで長年親しまれてきた場所です。メッツァ+αで一日飯能を楽しんでいただけるようなプログラムを提供するなどして、地域を盛り上げていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加